院試はTOEFL®。でも大学ではTOEIC®のIP試験のみの場合

院試の英語試験は、民間英語試験であるTOEICやTOEFLを活用している大学院試験が非常に多くなっています。

しかし、大学によってはTOEFLを推しているところと、TOEICを推しているところがあり、その影響で大学院試験もTOEFLとTOEICのどちらが必要かが変わってきています。

大学で推しているのはTOEICであるにもかかわらず、大学院で必要な英語はTOEFL・・・。

どのようにしたらいいか、困ってしまいませんか?

ここでは大学ではTOEICなのに、院試で使うのはTOEFLという場合に、どのように学習したらいいかを紹介します。

団体受験が自分の希望とマッチしない場合。

大学院の志望校は、院試でTOEFL®のITP試験、もしくはTOEFL®のスコア提出。

でも、自分の通っている大学では、TOEIC®の団体受験しかない。

この場合、TOEFL®のテストをどのようにして進めるかを迷ってしまうかもしれません。

今回は、大学ではTOEFL®の団体受験を開催していない場合についてお話しします。

 

まず直近にあるTOEIC®の団体受験をおすすめします。

といっても、これはTOEIC®を受験で使うためではなく、現時点での英語力を測るために受験するのです。

 

英語はできる限り早くスタートを切る必要があります。

そのため、結果がわかるのが早い団体受験を利用するのです。

 

英語を文法から始める必要があるのか、それとも単語や文章をTOEFL®用にして勉強したらよいのかを切り分けるために使います。

TOEFL®にはiBTとITPの2種類があります。

海外の大学で英語力を証明するために使われるのがiBTで、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4つの技能を測ります。

日本国内でも証明書を提出する必要のある場合には、iBTの証明書を提出します。

 

一方ITPは、リスニング・文法・リーディングのみで、マークシート方式のペーパー試験です。

試験内容もかつてのPBT(Paper-based Test)の問題を再利用しています。

主に、団体受験での語学力を測る際や、大学院入試で使われます。

 

ゆいなゆいな

院試で使うのがTOEFL®だとわかっているから、今の実力を測るために、TOEFL® iBTの試験を受けに行くのはダメなんですか?

いろはいろは

確かに、TOEFL® iBTの試験を受けるのも間違いじゃないわ。

でも、これは英語力を測るために受けるのだから、結果がわかるまでに時間がかかるのはあまりおすすめできないわ。

ゆいなゆいな

そうでした・・・。

いろはいろは

ただし、大学で行う団体受験の時期が2カ月以上先であるならば、TOEFL® iBTの試験を受けた方が結果が早いので、TOEFL® iBTを受けてもいいわ。

 

目安として、TOEIC®で500点以上とれているかどうかで、英文法から勉強したらいいのか、TOEFL®用の勉強を始めたらいいのかを決めます。

また、TOEFL®を受験した場合でも1/3未満しかとれていない場合には、英文法から勉強します。

TOEFL®の場合、iBTとITPがありますが、基本は同じです。

ライティングもスピーキングも、リーディングとリスニングができるからこそ、対応できるからです。

 

 

もし、TOEIC®で500点以上、もしくはTOEFL®で1/3以上とれているようでしたら、TOEFL®の勉強を始めます。

TOEFL®の問題は、大学で日常使うであろう会話だけではなく、出てくる話題が文系分野や理系分野の話題が出てきます。

例えば、美術史やアメリカ史が出てきたかと思えば、物理や天文、生物などの話題も出てきたりします。

そのため、他分野での単語の知識が必要になってきます。

 

そこで、TOEFL®用の勉強が必要になってくるのです。

以下では、TOEFL®用の最初のおすすめテキストを紹介します。

おすすめのテキスト

TOEFL®は難しいのは、他分野にわたる分野の話題が出てくることです。

最初は短い文書を読みながら、TOEFL®に出てくるトピックの文章に慣れていくようにします。

iBTでもITPでもリーディングとリスニングが基本となります。

話すにしても書くにしても、意味が理解できなければ、話すことも書くこともできないからです。

そこで、最初に学ぶのもリーディングとリスニングに重点を置きます。

 

TOEFL®対策予備校の作ったテキストです。

TOEFL®を初めて受験する人向けに作られています。

 

テキストは80語から200語レベルの文章について、リスニング・リーディングができるように工夫されています。

CDはついていませんが、音声ファイルがダウンロード可能になっています。

なお、この音声ファイルは必ず使いますので、テキストをやる前にダウンロードしてくださいね。

 

Kindle版も発売されています。

ただし、大きさの関係上、PCなど大きい画面でみることを前提にして作られていますので、

Kindle版の購入の際には、小さい画面で見るのは厳しい点に留意してください

(電子図書は、本の置き場に困らない点がいいですよね)。

 

収録されている内容もキャンパスに関することから、気象学、アメリカ史、生物学など多岐にわたります。

まずはこのテキストの文章を見聞きして、自分のレベルを確認します。

わからない単語が多すぎて難しすぎると思うかもしれませんが、わからない単語はこのテキストで覚えてしまいましょう。

 

このテキストをマスターするぐらいの勢いで学習することが、TOEFL®で点数を取るための第一歩です。

 

英文法の基礎から学びたいときは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

英文法基礎のおすすめ。400点未満の君がやるべき本はこれ!

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ