英文法基礎

最初にすべき内容は?

TOEIC®の点数が400点未満だった君がやるべき事は、中学の英文法をマスターすることです。

 

英文法は非常に大切で、TOEIC®で満点を取るためにはやはり英文法で漏れがないように、英文法をがっちりと学習します。

すなわち、TOEIC®で何点取ろうとも、英文法は非常に大切だということです。

 

TOEIC®の試験結果が400点未満の場合、英文法の基本のどこかが弱いと考えて間違いありません。

そこで、自分がつまづいているところをさがすため、英文法を1から見直します。

 

TOEIC®では英文法に関する問題が何問か出ますが、全体に比べたらほんのわずかです。

それにもかかわらず英文法から始めるのには、わけがあります。

 

英語が読めるようになるためには、文の意味が理解できるかどうかにかかっています。

文の意味を理解するためには、どれが主語で、どれが動詞かを的確に見抜く必要があります。

主語、動詞を見つけるためにも、英文法の知識が不可欠なのです。

 

リーディングの長文、リスニングも、主語、動詞を見抜くことが必要になってきます。

すなわち、一文一文の積み重ねなのです。

 

また、中学英文法で日常の会話の多くはできてしまうと言われています。

だからこそ、中学英文法から始めるのです。

 

ゆいなゆいな

英文法って、試験にあまりでなくてもすごく重要なんですね!

おすすめの英文法の書籍

 

中学の英文法のテキストはいくつも販売されていますが、その中でおすすめなのが以下の2冊です。

どちらか1冊でOKです。

何冊もの本をやっていくのではなく、一つのテキストを繰り返し見返して、理解するようにします。

 

1周やって終わりにするのではなく、最低でも3周以上繰り返し行い、テキストに書かれている内容をマスターするようにしてください。

 

くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

初版の発売は1996年と古いのですが、2018年現在も購入し続けられているロングセラー。

レビューをみると、説明がわかりやすいという意見が多かったです。

項目ごとに必要事項が要領よくまとめられているにもかかわらず、丁寧な解説でわかりやすいと評判です。

ただし、簡潔に書かれているので、文字を眺めるだけだとわかったつもりになってしまいます。

 

いろはいろは

テキスト常に主語、動詞、形容詞、副詞などの文の構造(5文型)を意識しながら、学習してくださいね。

大岩のいちばんはじめ英文法【超基礎文法編】 (東進ブックス 名人の授業)

構成は講義のページが数ページあり、その後に練習問題を徳というスタイルです。

最大の特徴は、講義のページの書き方が、塾などで説明を受けている感じで書かれている点です。

解説も難しくなく、わかりやすい言葉で書かれています。

「くもん中学英文法」との違いは、文法の説明部分でしょう。

簡潔な説明が好みであれば「くもん中学英文法」を、丁寧な説明を好みであれば「大岩のいちばんはじめ英文法」を選択するとよいでしょう。

こちらも説明を読むだけでわかったつもりになってしまいます。

 

いろはいろは

常に主語、動詞などの文の構造を意識しながら、学習してくださいね。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ